お馴染みの外来語

 マスコミによく登場す外来語(時事英語)〜きょうの新聞から

(1)メルトダウン(meltdown)   原子炉の炉心が溶けること。*東京電力福島第1原発の第1、第2号機が津波によりメルトダウンが起こり10年になる。

(2)インセンテイブ(incentive)   意欲を出させるための刺激。 目標達成のために、会社が出す報償金。

(3)リスク(risk) (営業上の)危険。*用例 risk  communicationn ~災害の環境問題など、リスクに関する情報を専門家・事業者・住民が共有し、安全対策をはかること。略して、リスコミ。

 

(4)アプリケーション(application)  適用・応用。 申し込み・申請。*ユーザーの目的に応じて作られたソフトウエア。

(5)エコロジー(ecology)  生物とそれをとりまく環境の関係を研究する学問。生態学

自然環境に与える好ましくない影響をすこしでも少なくしようとすること。環境への示唆。

*エコ商品

(6)ドメステイック ヴァイオレンス(domestic  violence)  同居中の配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力。*欧米でも大きな問題になっているが、男性による女性へのDVは3/4に対し、女性による男性へのDVは1/4。

(7)パラリンピック東京大会 *開会式 2021年8月24日(火)オリンピックスタジアム *閉会式 9月5日(日)オリンピックスタジアム  *競技 22競技 539種目 21会場で12日間実施。

 

 きょうの朝刊から外来語を拾い集めてみました。いずれもたびたび使われておりお馴染みになっているかと思いますが、本来の意義からやや遠いものもあります。ぜひ、辞書等でご確認を!

f:id:gornergrat:20210223071120j:plain

                 梅の花